GitHubでissueを登録してみた

GitHubって何?

バージョン管理ツールです。

ソースコードを管理するのって大変ですよね。
index.html
index_2.html
index_2new.html
index_2new0820.html
index_2katsurada.html
index_2katsurada最新版.html
はいもう、こうなっていくと地獄です。最新版っていつのなんだよってなります。

こういった更新情報を全部残しておけるし、間違ったら戻せたり、大人数で開発できたりもう超便利なやつです。今回は詳しくは説明しませんが、開発時にソースコードの管理を簡単にしてくれる便利なやつと思っておいてください。

issues

起きているバグとか、まだ実装できていないこととか、文字通り問題点をあげることができます。

登録方法


ページ上部のissuesをクリックします。


New issue をクリック


タイトルと、詳細を記述して登録しましょう。


登録できました!

担当者を指定できたり、便利機能もたくさんあります。

おまけ

何かエラーが出てきたときに、ぐぐるとたまにGitHubのページが出てきますよね。
あれもこのissuesでの議論がよく表示されます。最初は難しく感じるかもしれませんが、すごーい人たちの議論が見れるし、バグに対する対処が乗っていることが多いのでがんばってみてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。