Juliaインストールしてみた

数値計算界隈で流行っているとのことなのでインストールしてみました。

環境

$ sw_vers
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.15.5

ダウンロード

https://julialang.org/downloads/
ここからダウンロードできます。

ダウンロードしたらインストーラーを起動して、ドラックアンドドロップ
簡単ですね!

実行

アプリケーションフォルダにJuliaがインストールされているので、クリックするとターミナルが起動します。

$ exec '/Applications/Julia-1.5.app/Contents/Resources/julia/bin/julia'
               _
   _       _ _(_)_     |  Documentation: https://docs.julialang.org
  (_)     | (_) (_)    |
   _ _   _| |_  __ _   |  Type "?" for help, "]?" for Pkg help.
  | | | | | | |/ _` |  |
  | | |_| | | | (_| |  |  Version 1.5.1 (2020-08-25)
 _/ |\__'_|_|_|\__'_|  |  Official https://julialang.org/ release
|__/                   |

julia> 

インタラクティブモードで起動しているのでこのまま実行できます。

パス

スクリプトを書いて実行したいのでパスを通します。

echo "export PATH=${PATH}:/Applications/Julia-1.5.app/Contents/Resources/julia/bin" >> .bash_profile

hello.jlという名前でファイル作成
コードは単純に以下です。

print("Hello Julia!")
$ julia hello.jl 
Hello Julia!

いけました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。